チームとの連絡(交渉)



「次回の練習をタイ語で言われたからわからない」「あと何日で契約してくれるかどうか聞いてほしい」

「今週末までに契約するかどうか決めてほしいといってほしい」「給料に関して交渉してほしい」

「オプションに関して交渉してほしい」….etc

いろいろと選手は、チームに聞きたいこと等があります。

また、チーム選手に聞きたいこと、言いたいことがありますが、伝わっているのかどうかわからないので

間に入ってくれる人がほしい!と考えていることが多いです。

そこをエージェントが基本的には行うのですが、ほとんどタイでエージェントを行っている方は、そこのケアをしてくれません。

また、テキトーな話を作り上げ選手を迷わせることも多々あるようです。

そこで、Samurai-Footballerでは、選手の不安を少しでも取り除けるよう、選手の要望をチームに伝え、

逆にチームの要望等も選手に伝えられるようにします。

エージェントのように、自分らの利益を考えて選手、チームを惑わせるようなことはしません。

選手が伝えたいことをチームに、チームが選手に言っていることをそのまま伝えるサービスを行っています。

2013-0925-MurakamiKazukisama01-01-sg

エージェントによる選手が戸惑わされた例

- ○○日までに契約すると言われたから、そこまで頑張るように!とエージェント。契約するはずの期日が来たのに、エージェントから一切の連絡なし。

「もう数日テストが必要」という話、「契約しない」という悪い話だったとしても、選手は連絡がほしい。

それをエージェントに伝えたら、「こっちは忙しい」と逆切れされた…..

チームが、「何日までに合否を発表する」と言ってきて、期限が延びることは、タイでは、普通のことです。選手もそれを理解しています。

ですが、お金をとっているエージェントが連絡を怠って逆切れ!それは良くありません。

 

- 選手が望んでいる給料なのに、エージェントが自分の取り分を多くとろうとしたため、契約破談。しかも、いろいろなチームに連れまわされる。

エージェントは、ビジネスでやっているので、取り分を考えるのは当たり前です。ですが、はじめの取り決めた額以上もらえると思って、

欲張ったため、選手が契約とれないのは、もってのほかです。